死角が無い、ということは・・・

以前にも同じようなことを書いたかもしれませんが、改めて。

 

屋内型のトランクルームの大半は、ビルのエレベーターを利用して、倉庫のある階へ移動。

 

カードキーなどを使い、ドアを開けて、倉庫のある部屋へ。

 

というパターンが多いです。

一見、セキュリティが厳しくて良さそうに見えるのですが、見知らぬ利用者同士が狭い空間で一緒になる場面があります。

 

女性の場合は、夜間に利用する場合は、ちょっと抵抗がありますね。

 

弊社の屋内型トランクルーム「コンビニBOX町田高前」では、

入口側の道路から見て、まっすぐな通路が2本平行に配置してあるだけですので、死角がないのです。

 

夜間は、照明がつきますので、余計に外から目立ちます。

 

誰からも見える状態になっているために、逆に安心してご利用いただける、という仕組みです。

 

欠点としては、空調が入れられないので、湿度や温度の調整が出来ませんので、デリケートな物の保管には適さない、ということです。

 

なんだか良く分からない、という方は、遠慮なく見学のお問い合わせを下さいませ。