コンビニBOX 収納まめ知識

衣類

1.目に見えない汚れがシミやカビ、虫食いの原因に!

 シーズンに1度しか着ていない衣類にも目では確認できない汚れなどがついています。ほんのちょっとの

 れやシミも、衣類を食べる虫にとってはごちそうです。特にウールは虫の大好物。

 また、汚れや湿気は黄ばみやカビの原因にもなります。1度でも着た洋服は、きちんとお洗濯(クリーニング)

をして、つまりカビの栄養(汚れ)を取り除いてから収納しましょう。

 

2.クリーニングのビニール袋は外して収納!

 クリーニングから戻ってきた衣類はビニール袋を取り収納しましょう。クリーニングのビニール袋は運搬時の

 汚れやホコリを避けるためのもので、ビニール袋のまましまうと衣類に含まれていた湿気が発散されず、カビ

 や黄ばみなどの原因にもなります。

 

3.収納ケースに入れて 防虫剤・乾燥剤もあわせて!

 収納ケースは防虫剤の効き目がしっかりと行き渡るように、フタがピッタリと閉まるタイプのものがよいです。

 また、衣類を収納する時には、防虫剤と一緒に「乾燥剤」を置くことで防カビ効果が一層高まります。

4.防虫剤は衣類の上に そして同じ種類のものを!

 防虫剤から出る成分は空気より重く上から下へと下りていきますので、防虫剤は衣類の上に適量を置くよう

 にします。また、違う成分の防虫剤を一緒に使うと化学反応を起こして、衣類にシミを付けたり変色の原因に

 なってしまうことがあるので要注意です。

 

5.容量の8分目くらいに!

 収納する量は、収納ケースの容量の8分目くらいにしましょう。衣類をいっぱい詰め込むと通気が悪くなり湿

 気がこもり、カビの原因になってしまいます。

 

本・コミック

本を保管するうえで大切なのは、「湿気」「日焼け」「ほこり」から本を守ることです。具体的には、

1.入れ物は湿気に強いプラスチックケースで!

 保管用の入れ物には、ホームセンター等で販売されているプラスチックケース(衣装ケース)を使います。

 値段はサイズにより千円から3千円です。(段ボール箱は湿気に弱いので本の保管には適しません。)

 また、プラスチックケースは黒色等、濃い目の色合いのものだと遮光効果がありより適しています。

 これで、日焼けとほこりから本を守れます。

 

2.本は立てて保管が基本!

 本は立てて保管が基本です。平積みにしますと、本に無用な圧力がかかり、ページがくっついたり変形した

 りする原因になります。

 スペースに空きができた時には、斜めにせず、ブックエンド(スチール製は錆びる可能性があるので×)か、

 重みのある高い辞書でも置いて本をまっすぐに立ててください。

 

3.乾燥剤も一緒に!

 プラスチックケースの床面には新聞紙等は敷かずに、かわりに「乾燥剤」(人形用とかいろいろ販売されてい

 ます。)を入れてあげます。また、本を虫から守るため「防虫剤」を入れてもよいでしょう。

 防虫剤から出る成分は空気より重く上から下へと下りていきますので、防虫剤は本の上に適量を置くように

 します。また、違う成分の防虫剤を一緒に使うと化学反応を起こして、本にシミを付けたり変色の原因になっ

 てしまうことがあるので要注意です。

 

4.年に1度はケースから出して虫干しに!

 年に1度、からっとした季節にケースから出して虫干しをするとよいでしょう。

 <虫干し>

 秋口などの天気の良い日に2~3時間程度、陰干しします。表紙が厚くて自立できる本は立てます。薄い本

 は何かに立てかけます。日陰でも紫外線の拡散光が虫をやっつけてくれます。

 

その他

1.アウトドア用品はよく乾かしてから!

 アウトドア用品、スキー・スノボ用品、タイヤなどは、よく乾燥させてから収納しましょう。

 

2.革製品はこまめなお手入れが必要!

 革製品は特にカビが生えやすいため、収納した後もこまめなお手入れをお願いします。

 特に冬場は乾燥が激しいのでカビだけでなくひび割れの心配もあります。しまう前に購入先などで収納時の

 注意点を再確認しましょう。

 

3.人形はまず埃を落としてから そして防虫剤も忘れずに!

 人形の衣装は、ヒメマルカツオブシムシ(衣類害虫の一番手)等の幼虫のエサとなります。

 これらは成虫が洗濯物等にまぎれて部屋に侵入し、卵を産み付ける場所を探すのですが、それが 雛人形

 だったりします。そうすると、産み付けられた卵がかえり幼虫が布を食べます。

 ここで『防虫剤』と行く前に、もっと大切なことがあります。それは、人形を飾っている最中についた埃をしま

 う前に徹底的に落とすことです。例えば、女雛の裾の凹凸の部分の隙間や袖と胴体の間などあらゆるとこ

 ろに埃は入り込みます。これらの埃をハタキで丁寧にくまなく落とすことでダニの発生を防ぎ、埃に紛れてい

 る衣類害虫の卵を落とすことができます。埃をしっかりと落とすことが、被害を防ぐための第一歩なのです。

 埃が落とせたら、人形の顔などは丁寧に包み、人形全体が動かないよう新聞紙等で固定します。

 そして人形専用の防虫剤を一緒に入れておくとよいです。防虫剤から出る成分は空気より重く上から下へと

 降りていきますので、防虫剤は人形の上に適量を置くようにします。

 

4.お布団は必ず天日干しをしてから!

 お布団は必ず天日干しをしてから収納しましょう。しないで収納するとカビ発生の原因になります。

 また、圧縮タイプの収納袋に入れることをお勧めいたします。清潔ですしトランクルームを広く使えます。

 

5.扇風機、ストーブはビニール袋などをかぶせて!

 扇風機やストーブは、買った時の箱があればスッキリ収納できます。ない場合は、ホコリ防止のためビニー

 ル袋などをかぶせましょう。

 また、石油ストーブの燃料(石油)は収納できませんので、必ず完全に抜き取ってから収納してください。